りんご秘書の産婦人科日記

このチャンネルでは婦人科疾患・不妊治療・妊娠中の病気など職場で得た知識をアウトプットします

医局秘書ブログ始めました

こんにちは、りんごです。

 

初ブログなので、プロフィールを少し♡

現在30代の都内勤務、医局秘書です。4年ほど産婦人科を担当しています。

 

医局会、カンファレンス、看護科とのやり取りなどを通し、

さまざまな知識をつけてきました。

 

「この知識を忘れないように」「何かの役に立てられるように」

 

と、備忘録としてアウトプットしていきたいと思います。

疾患のご相談などには乗れませんが、

少しでもお役立ていただければ嬉しいです。

 

この仕事をしていて一番感じること。

それは

 

「自分で勝手に体の判断をしてはいけない」ということ。

 

37週に入ってからの死産。

20代で子宮頸がんや卵巣全摘出。

 

いろんなパターンの方がいます。

 

 

 

こんな方がいました。

 

妊娠37週。

朝9時過ぎに電話があり、「トイレに行ったら出血している」と。

すぐに病院へと案内。

 

いつからお腹が痛かったの?とナースが聞くと、

 

「昨日の夜中11時ごろから。上の子もいるから、翌日にしようと我慢してしまった。」と。

 

お腹の赤ちゃんは苦しかったでしょう。

人は10分息ができなければ死んでしまいます。

胎児だって同じ。

 

すでに約10時間。赤ちゃんはお腹の中で亡くなりました。

 

体の中は見えないからこそ、守れるのは自分だけ。

甘く考えてはいけません。

 

よく「安定期に入ったから」と初期の妊婦さんは言うけれど、

 

妊娠に安定期はないと思います。

 

いつでも胎動がなくなることはある。

いつでも一瞬で、命はなくなってしまう。

 

それを肝に銘じてほしいです。

 

自分の体を大事にできるのは自分しかいません。

妊娠期なら、なおさら。

 

これから検査のこと、妊娠期の疾患のこと、いろんな知識を

発信していきたいと思います。

個人情報がありますのでもちろん、特定されるようなことはできませんが、

できる限りお役に立てる情報を。

 

職場の愚痴も言っちゃうかも!?(ほどほどにします)

ぜひよろしければ、ご覧になっていってください♪